車を売却した時に税金は掛かるのでしょうか?

ごあいさつ

トネシン

当サイトの管理人トネシンと申します。 数ある車査定・買取ページの中でお越し頂きありがとうございます。 ここ最近たくさんの車査定や車の買取を紹介するページがありますが、正直、嘘、大げさ、適当な内容が書かれたサイトがたくさんあります。 ⇒ 続きを読む

車売却の際に税金はかかるのか?

車の売却時に確定申告や税金支払いは必要なのでしょうか?

 

 

車を売却して手元にお金が残ったんだから、所得とみなされて、確定申告や税金の支払いが必要なのかどうかは、売る前から気になることですね。

 

いわゆる所得税の中で、譲渡所得と言われるものに分類されますが、

 

通常は、確定申告や売却益の税金支払いは関係ありません。

 

ただし、車を以前から減価償却等の経費に入れられている法人や個人の方は別計算になりますので、専門の税理士に直接伺って下さい。

 

ここで所得税について簡単にお話しておきますと、所得税には給与所得や不動産所得など10種類のタイプがあって、いずれも売ったものが、買ったものよりも金額が大きく、結果的に「利益が出た」ものが対象になります。

 

ですので、普通に車を売って、利益が出ることはまずありません。

 

99.99%の方は問題ありません。

 

 

確定申告が必要なパターン

 

ではどのような時に確定申告が必要になるかと言いますと、以下のパターンの場合になります。

車買取 − 車売却 − 諸経費 − 50万円> 確定申告が必要
                 (譲渡所得の特別控除額)

通常は、買取額より高く売れる事はないので全く心配要りません。  
 
普通にレジャーや通勤に使っている99.99%の車は問題ありません。 

 

利益が発生する車とは?

 

プレミア価格が付いた車等です。

 

一昔前に流行ったホンダのNSXが生産が間に合わず、当時新車よりも中古車のほうが高くなる現象がありました。

 

又、フェラーリF40が販売価格6000万円が当時2億円で売買されていたといううわさもあり、こういった車ですと売却益が出る可能性がありますが、一般の人が、こんな車を所持する事は、まずないです。

 

いわゆるコレクターと言われる方が、投資目的で車を所有した場合などで、利益が発生した場合に、確定申告が必要な時があります。

 

日常で使うなら免除

 

仮に売却利益が発生したとしても、日常の生活用途の車は非課税の対象となります。

 

具体的には、通勤や仕事で使っていたものは、非課税です。

 

最終的には管轄の税務署長の判断になりますが、普通に所有している分には税金はかかる事はまずありません。

 

エンスーなら可能性あるかも

デトマソ 

 

 

 

 

 

 

 

いわゆるエンスーといわれるコレクターの方は古くて手に入らない車を高価で売買されている為に、30年前に150万円で買った車が現在400万円となっているケースもあって、こういった場合は課税されるケースがあると思いますが、貨幣価値の変化の計算はどうなるのでしょうね?

 

取得に掛かった費用はわからなければ5%で計算できますが、時代があまりにも違うとどうなるのでしょうか?

 

又、知り合いの税理士にでも聞いてみます。

 

おすすめ一括査定業者ランキング3



買取

ズバット車買取比較

かんたん車査定ガイド

カーセンサー

すごく努力してくれます

ズバット

より詳しい情報を見る

査定だけでも良いですよ

かんたん査定ガイド

より詳しい情報を見る

事故車にめっぽう強い

カーセンサー

より詳しい情報を見る




ご質問はこちらから

質問フォーム

TOP 最初に 裏技 ズバット かんたん カーセンサー 事故車 廃車 車検切れ 買取体験